ホーム > 精神科とカウンセリング

精神科とカウンセリング

鬱を発症した身内のため、先生との相性や引越しなどの都合からいくつか
病院を変えながら通院していました。

最初は総合病院の精神科でした。
そこでは主に問診を元に薬を処方され、それを飲んで治療していく
という方法を取っていました。診察の時間も長くはなく、
薬は飲めているか、眠れているか、気になることはないか、
といった確認をされる程度のお話だけでした。

次は心療内科のみを扱う診療所で、そこにはお医者さんと別にカウンセラーの先生がいて、
別途診察代を支払うことでカウンセラーさんに悩みを相談したり、
元気付けてもらったりなどのカウンセリングを受けられました。
もちろん薬も処方されるのですが、カウンセラーさんとお医者さんが連携し、
悩みを持つ状況自体を改善していくのが理想のようでした。

どちらが好ましいかは人によると思います。
相談相手がいることで心が軽くなる人もいますが、カウンセリングを
受けると費用が高くつくし、カウンセラーに依存してしまうこともあります。

重要なのは、精神の治療の方法は一通りではなくこのようにいろいろ
あるのだということを、受診する側が知っておくことではないでしょうか。