ホーム > 精神科の治療内容

精神科の治療内容

精神状態チェック

仕事がハードな日が続き、睡眠時間も十分取ることが出来なくなり
体調を壊した時にメンタルケアもカラダには必要だと思い病院の精神科で
治療してもらうことにしました。精神科の治療は主に薬物治療ですが、
その治療を行う前に問診が行われます。精神的な病気は熱が出たり、
血圧が上がったりというようなものでないため、その原因を調べるために
先生がいろいろと質問をします。

また、20項目ほどのQ&A方式の診断テストの用紙を渡され、
その回答から精神状態を調べられました。先生は、その診断テストの
結果と質問に対する話の内容を総合的に判断して精神症状を見極め、
その症状を改善するお薬を処方してくれました。

診察中も話の内容に対して優しく、適切なアドバイスしてくれ、
私のメンタルケアをしてくれました。精神科では他の診療科と違い、
特に医師との信頼関係が重要で、医師のアドバイスが治療の大きな役割の
ひとつとなっています。薬物療法だけでは病気の原因は取り除くことが出来ないからです。